2016年02月29日

Vol.1197「自らアクションを起こし、環境をつくり上げていく」


ご承知のとおり、

人は本能的に「現状維持」を望みます。


そして厄介なのは、

自分自身に対してそう望む

ばかりでなく、

自分の周りの環境、すなわち、

他人に対してもそうあって欲しいと考える

ということ。



言い換えれば、ある人が


「もっと変わりたい!」

「もっと成長したい!」

「いつか成功したい!」


と願い、そのために頑張っていたとしても、

周りの人たちは、

(その人の幸せを願いつつも)


「あまり変わらないで欲しい・・」


と思っている訳です。



いや、思っているだけではなく、


「そんなに頑張らなくてもいいんじゃない?」

「そんなことやっても、どうせ無理だって・・」


などと、

「現状維持」のための甘い囁き・助言(?)

をなさる場合も多々あります。


言ってる本人に悪気はないのでしょうけれど・・。




実はこの、

自分の周りにいる人からの「同調圧力」

のようなものは、

人が自己成長していく上で

大きな妨げになってしまいます。


周りの人から受ける影響

というのは、

物凄く強力なのです。



したがって

本気で自分が変わろうと思うならば、

現在の環境にどっぷりと浸かっていてはダメで、

自ら環境をつくり上げていく必要

があります。


具体的には、

成長への意欲が高く、志を同じくする仲間

とつながることです。




上記のような内容は、

当ブログの中で

過去に何度も書かせていただいてますが、


「どんな環境に身を置いているか?」


が、人生の質に影響を与える

ということを、

つくづく感じる今日この頃。


にもかかわらず、

受け身のスタンスで現在の環境にどっぷり浸かっている人が

いかに多いことか・・。



こればっかりは、

自分で外に対してアクションを起こし、

環境をつくり上げていくしかない

と思います。



とりわけ、

若手経営者や後継者やリーダーの皆様には、

仕事の忙しさを言い訳にせず、

早い段階から環境づくりに取り組んでいただきたいものです。



そんなことを考えました。


******************************************


【本日のまとめ】

■ 人は本能的に「現状維持」を望む。

  その際、自分自身に対してそう望むばかりでなく、

  周りの環境にもそうあって欲しいと考えるもの。

■ 自分の周りにいる人からの「同調圧力」のようなものが、

  自己成長していく上で大きな妨げになっている。

■ 自ら外へ向けてアクションを起こし、

  成長への意欲が高く、志を同じくする仲間とつながっておきたいもの。






posted by 安野 広明 at 19:17| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする