2016年02月22日

Vol.1190「我が道を貫き続けるという決意」


自らの価値観やスタンスや生き方を貫き続ける

というのは、本当に難しいし、

勇気のいることだと思います。



なぜならば

他人や世間がすすめる価値観に従った方が、

周りから支持され、

精神的な安心や安定をもたらすから。


言い換えれば、

そちらの方が楽だということです。



しかしながら、

人生の満足感という意味では、

他人の価値観に従う、つまり

他人にコントロールを委ねるよりも、

周りから評価されなくとも

自分でコントロールする人生の方が

満足を得られるでしょうし、

自らの潜在的可能性を引き出すことができる

のではないでしょうか。



そう信じているからこそ、

私(安野)自身、

虚心坦懐に他人の意見に耳を傾けつつも

我が道を貫いていきたいと切に願っております。



また、

それぞれの分野で独自の道を切り拓いていらっしゃる

諸先輩方や同志の方々との繋がりを大切にすることで、


他人や世間の価値観に染まらないように心がけたい


とも考えています。




なんだか決意表明みたいになってしまいましたが(汗)、

自らの人生をコントロールする側なのか、される側なのか、

長い目で見ればとても大きな分かれ道

だと感じたので、

備忘録を兼ね、改めて書き残した次第。


******************************************


【本日のまとめ】

■ 自らの価値観やスタンスや生き方を貫き続けるというのは、

  本当に難しいし、勇気のいることである。

■ それぞれの分野で独自の道を切り拓いていらっしゃる

  諸先輩方や同志の方々との繋がりを大切にすることで、

  他人や世間の価値観に染まらないように心がけたいもの。






posted by 安野 広明 at 07:41| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする