2016年02月17日

Vol.1185「ロールモデルとの出会いが原動力となる」


昨日、一昨日と、

「出会い」をテーマに書かせていただきました。


今日も続けます。



成果を上げていらっしゃる人の多くに

共通しているな〜と思うのは、

皆さん、口々に

「〇〇さんとの出会いが無ければ、今の自分は無い」

とか、

「〇〇さんの影響を受けている」

といったお話しをされる

ということ。


つまり

尊敬できる人、師匠、魂を震わせてくれる人など、


ロールモデル(=お手本となる存在)との出会い


が、

原動力になっているのです。



「こんな人になりたい!」

という憧れや、

「あんな世界に行きたい!」

という強い想いは、

自らを次のステージへと引き上げてくれます。



「登りたいと思った山に一番早く登る方法は、

 登った人に道を聞くことだ」


と、何かで読んだことがありますが、

まずは人との出会いの中で

登りたい山を見つけ、そして

すでに登っている人と深くお付き合いさせていただくこと

が大事だと思います。


もちろん、その際には、

昨日書いたようなスタンス(*)が求められる

のは言うまでもありませんが・・


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1184「出会いを求める際のスタンスを持つ」
http://bplan.seesaa.net/archives/20160216-1.html



ちなみに

ここでいうロールモデルとは、

1人に限る必要はありません。


複数のロールモデルからいいとこ取りをして、

組み合わせることによって、

オリジナルの「ありたい姿」をイメージする

のもよいでしょう。



さらに言えば、

直接会うことはできませんが、自伝その他の書籍等から

すでに亡くなった先人の物語や生き方を知り、

その人物がロールモデルとなることもあるかもしれません。


ある意味、本も「出会い」ですので。




私(安野)自身、

まだ見ぬ世界へと踏み出すためにも、

主体的に人や本との「出会い」を求め、

さらなるロールモデルを見つけたい

と考えております。



何かのご参考までに。


******************************************


【本日のまとめ】

■ 成果を上げている人は、ロールモデル(=お手本となる存在)との出会い

  を原動力にしている。

■ ロールモデルは1人に限る必要は無いし、先人でもよい。

■ まだ見ぬ世界へと踏み出すためにも、

  主体的に人や本との「出会い」を求め、さらなるロールモデルを見つけたいもの。





posted by 安野 広明 at 16:24| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする