2016年02月16日

Vol.1184「出会いを求める際のスタンスを持つ」


「良き出会いで、人生は大きく変わる」


という言葉を信じて、

積極的に出会いを求める方は

たくさんいらっしゃると思います。



かくいう私(安野)自身、

とりわけ5年前に経営者になってからというもの、

数多くの出会いの中で

少しずつ世界観が広がり、当時と比べれば

それなりに変われた気がします。


そして、おそらく

これからもたくさんの出会いによって

変化・変容していくことでしょう。



ただ、人との出会いを求める際に

気を付けないといけないな〜

と思うのは、


「その人と仲良くなって成功させてもらおう」


という「依存心」や、


「この人は自分にとって得になるだろうか?」


という「損得勘定」を持ってしまうこと。



けっこう陥りがちなのですが、

そういうスタンスでいる限り、

出会いを活かすことはできませんし、

関係性も長続きしないはずです。



やはり

「良き出会い」にするためには、

過去のエントリでも書かせていただいた

「Giveのスタンス」(*)を持ち、


「多少なりとも相手のお役に立てないか?」


を考えることが大事。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1123「“Give”のスタンスが人を成長させる」
http://bplan.seesaa.net/archives/20151217-1.html



また、それと同時に、


日常の中で自分自身を磨き、高め続けること


が必要不可欠だと思います。



相手が向上心高く、成長し続けていらっしゃる

のに対し、

こちら側がいつ会っても同じレベルのままだと、

最初は付き合っていただけたとしても、

その内置いて行かれるのは

想像に難くありません・・(汗)。




出会いを求める際の自身のスタンスを、

予め確立しておきたいものです。


*******************************************


【本日のまとめ】

■ 出会いを求める際には、「Giveのスタンス」を持ち、

  「多少なりとも相手のお役に立てないか?」を考えることと、

  日常の中で自分自身を磨き、高め続けることが大事ではないだろうか。

■ 出会いを求める際の自身のスタンスを、予め確立しておきたいもの。






posted by 安野 広明 at 15:40| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする