2016年02月15日

Vol.1183「自分の心に火をつける方法」


キリモミ等を使っての火おこし

を経験されたことのある人なら

お分かりかと思いますが、

何もないところから火をつける

というのは

相当な労力を強いられます。



そして、同じように、

自分の心の火がくすぶっている、もしくは消えている時、

そこに自ら火をつけようとするのは

これまた大変なこと。



とりわけ、私(安野)のような

意志が弱く根性の無い人間の場合、

ほぼ不可能だと思います(汗)。



では、どうすればよいかというと、


すでに火がついている人から火をもらうこと


を考えてみてはいかがでしょうか。



やる気が起きずにモヤモヤしている

のであれば、

自分で何とかしようとするよりも、さっさと

心に火がついている人に会いに行く

のです。



もしも自分の周りに

そんな人が見当たらなければ、

心に火がついている人のセミナー等に参加する。


それも難しければ、

そういう人が発信している

ブログ、メルマガ等の情報に触れたり、

出版されている本を読んだりするだけでも、

効果はあると思います。



あと、でき得ることなら、

向上心や志の高い仲間が集まる場

を見つけ出し、

定期的に足を運ぶこともおすすめです。


*例えば、こんな会もございます(笑)→ http://annokaikei.com/koukeisyanokai.html




心がくすぶっている時間は、

非常にもったいない。


人生という限られた時間を

情熱を燃やしながら何かに打ち込むためにも、

火がついている人に

積極的に触れてみてはいかがでしょうか。




そんなことを考えました。


******************************************


【本日のまとめ】

■ 自分の心の火がくすぶっている、もしくは消えている時に、

  自ら火をつけようとするのは大変なことである。

■ すでに火がついている人から火をもらうこと

  を考えてみてはどうだろうか。




posted by 安野 広明 at 17:27| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする