2016年01月31日

Vol.1168「逆転の発想に、ヒントが含まれている」


以前、ある経営者が、


「どうやったら自分の会社を倒産させることができるか?



を常に考えている」


とおっしゃっているのを聞いて、

なるほどな〜

と思ったことがあります。



一般的に、経営戦略といえば、


「どうやったら競合他社に勝てるか?」


を熟考するものですが、

上記の発想は、180度視点が異なります。


まさに

逆転の発想ですね。



確かに

自社を倒産させる方法を徹底的に考え、

あらゆる角度から弱点を洗い出すことで、

リスクに対する事前準備が可能になるでしょう。



また

1つずつ弱みを克服することができれば、

それはそのまま参入障壁となり、

独自の強みにつながるはずです。



もちろん


「攻撃こそが最大の防御だ!」


というタイプの経営者もいらっしゃると思います。


しかし、

他社との比較よりも

自社の独自性を重視したい私(安野)にとっては、

しっくりくる考え方だな〜

と思った次第。



逆転の発想の中にこそ、

数多くのヒントが含まれているのです。




本日は短めに。


*******************************************


【本日のまとめ】

■ 「どうやったら自分の会社を倒産させることができるか?」を考えることで、

  自社の弱みを洗い出すと同時に、

  弱みを克服し、独自の強みにつなげることができる。

■ 逆転の発想の中にこそ、数多くのヒントが含まれている。




posted by 安野 広明 at 23:57| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする