2016年01月25日

Vol.1162「学びの価値を高めるために大切な視点」


セミナーを聴きながら

ひたすらノートにメモを取り、

本を読みながら

気になった箇所にマーカーを引く。


勉強熱心な方であれば、きっと

そのような習慣が身に付いていらっしゃることでしょう。



しかし、もしもそれだけで

「何かを掴んだ」

という錯覚に陥っているとしたら、

非常にもったいないと思います。


なぜなら

過去のブログ(*)でも書かせていただきましたが、

単なる「知識」として記憶しただけで

実践を伴わなければ、

そこから「独自の知恵」を掴み取ることはできないから。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.507「“知識”を“知恵”に深化させる」
http://bplan.seesaa.net/archives/20140410-1.html



インターネット社会において

「知識」というのは

あっという間に価値が劣化するため、

日々の地道な訓練や実践の中で、いかに


「独自の知恵」として体得できるか


こそが重要ですし、

せっかく学びに投じた時間とお金を

無駄にしないことにもつながるはずです。



また同時に、

学びの価値を劣化させず、むしろ

高めていくための視点として、


「人に伝えること」


も大切だと考えています。



自分が学んだことを

自分の中に留めるのではなく、

社員さんやお客様や同僚や家族やご縁のある方々に伝え、

その人のお役に立つことができたならば、

それはそれで

学びの価値が高まる

と言えるのではないでしょうか。



かくいう私(安野)自身、

いままで学びに対して

膨大な時間とお金を投じ、しかも

そのほとんどを「知識」で終わらせていただけに(汗)、

もっと日々の中での実践と人に伝えることによって

学びの価値を高めていこう!

と、意を新たにした次第。




過去のセミナーノートに目を通し、

「あ〜、そういえば、こんなこと学んだよな〜」

と、

せっかく学んだことが

忘却の彼方になっている我が身を省みながら、

そんなことを書き残してみました。


*******************************************


【本日のまとめ】

■ せっかく学んだにもかかわらず、

  単なる「知識」として記憶しただけで

  「何かを掴んだ」という錯覚に陥っているとしたら、

  非常にもったいないことである。

■ 日々の地道な訓練や実践の中で、いかに

  「独自の知恵」として体得できるかこそが重要。

■ また、学びの価値を劣化させず、むしろ高めていくための視点として、

  「人に伝えること」も大切ではなかろうか。




posted by 安野 広明 at 18:50| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする