2016年01月22日

Vol.1159「時間の“密度”を意識してみる」


ご承知のとおり、時間には、

「長さ」だけではなく「密度」という概念

もございます。



「いかにして時間を生み出し、読書や学びに当てるか?」

といった、

いわゆる「時間管理術」は、

どちらかというと

時間の「長さ」に着目したお話し。


もちろん

それはそれで大事なのですが、

その効果を最大限に発揮するためには、

「いかにして時間の密度を濃くするか?」

も、同時に考える必要があると思います。



例えば

同じ1時間という「長さ」の中で同じ本を読んでも、

どこまで深く学びとることができるかは人それぞれ

ですよね。


これはまさに

「密度」の差であり、当然ながら

「密度」の濃い人と薄い人とでは、

そこから得られる成果にも大きな差が生じる

はずです。



ではどうすれば

時間の「密度」を濃くできるのか?



そのためには、


「集中できる環境づくり」が鍵になる


と考えています。



例えば

スマホ、パソコン、テレビなどのような

集中を妨げる要因を排除しておくこと。


また、

体の姿勢や、ひいては体調管理なども

影響してくるかもしれません。



ですので、

「集中できる環境」をつくるための

努力や工夫や改善は、

常日頃から心がけるべきでしょう。



ちなみに私(安野)は、

仕事から帰宅した後、自分の机で

「とりあえずノートパソコンを開く」

習慣があったのですが、

最近、パソコンを開かない方が

集中して読書できることに気が付きました。


日常の習慣になってしまうと、

そんな単純なことでも

意外と気付かないものです・・(汗)



しかし

このような些細な改善の積み重ねで

時間の「密度」を少しずつ濃くすることを意識すれば、

さらなる時間の有効活用ができるものと

信じております。



本日は備忘録を兼ねて。


*****************************************


【本日のまとめ】

■ 時間には、「長さ」だけではなく「密度」という概念もある。

■ 時間の「密度」を濃くするためには、

  「集中できる環境づくり」が鍵になるのではないだろうか。

■ 些細な改善の積み重ねで

  時間の「密度」を少しずつ濃くすることを意識すれば、

  さらなる時間の有効活用ができるはず。






posted by 安野 広明 at 21:24| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする