2016年01月19日

Vol.1156「世の中から敵を無くす方法とは?」


昨日は、

益田中学校で開催された

小玉宏先生(通称、たまちゃん)の講演会

に参加しました。


実は、今回の企画を

学校側に持ち込んだのは私(安野)で、

経緯は色々とあるのですが、

とあるご縁をきっかけに

そのようなお役目を頂戴した次第。



ご講演前には

たまちゃんと2人で

食事をさせていただき、

私にとっては講演1本分に相当するほど

とても濃厚な時間でした(笑)。



中学校に移動した後、

私は生徒の後方に座らせていただき、

75分間のご講演を拝聴しました。


テーマは

「いつも心に太陽を 〜あなたの笑顔が世界を照らす〜」

です。



生徒の皆さんは、

たまちゃんの見た目(恰好)と

年間講演数200本以上の人気講師による弾丸トークに

だいぶ驚いた様子。


もちろん

元中学校教員ならではの、

生徒たちに伝わりやすいメッセージ

もふんだんに盛り込まれており、終了後には、

校長先生や担当の先生も大変喜ばれていました。


これから生徒たちが

どのように変わっていくのか、楽しみです。



遠方よりお越し下さった

たまちゃんこと小玉宏先生には、

心より感謝いたします!


******************************************


昨日の

たまちゃんと食事しながらの会話の中で、

「世の中から敵を無くす方法」

を伝授していただきました(笑)。



その方法とは、

自分と意見を異にして、敵に該当するような人

がいた時に、

「相手がなぜそんなことを言うのか?」

「なぜそのように考えるのか?」

ということに思いを馳せ、

どうしても理解できなければ、

「もしよかったら、教えて下さい!」

と聞くこと。


いたってシンプルですね。



確かに、

相手にも自らの信念や想いを大切する権利

はある訳ですし、

そもそも相手が敵か味方かというのは、

自分で線引きしているにすぎません。



敵とは、今の自分にとって都合が悪い人

であり、

味方とは、今の自分にとって都合が良い人

なのです。



また、昨日のエントリ(*)でも書かせていただきましたが、

「後ろ向き」「否定的」「ネガティブ」な反応の中には、

いままで自分が気付かなかった観点やヒントが

きっと隠れているはず。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1155「アクションを起こした後の反応を、スルーしない」
http://bplan.seesaa.net/archives/20160118-1.html




したがって

自分の中にある、敵味方の線引きを無くし、


謙虚に相手から学ぼうとする


ことで、

あたかもオセロの黒が白に変わるかの如く、

いままで敵だと思っていた人が敵でなくなっていく

のだと思います。



まあ、正直、

プライドの高い人にはハードルが高い

ような気がしますが、

プライドが低く、あまり敵をつくりたくないビビりな私は、

「これからも謙虚な姿勢で学ばせていただこう!」

と、意を新たにした次第です。


*********************************************


【本日のまとめ】

■ 「世の中から敵を無くす方法」は、

  「相手がなぜそんなことを言うのか?」「なぜそのように考えるのか?」

  ということに思いを馳せ、どうしても理解できなければ、

  「もしよかったら、教えて下さい!」と聞くこと。

■ 謙虚に相手から学ぼうとすることで、

  あたかもオセロの黒が白に変わるかの如く、

  いままで敵だと思っていた人が敵でなくなっていくはず。




posted by 安野 広明 at 18:07| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする