2016年01月28日

Vol.1165「茶道・裏千家15代、千玄室先生からの学び」


昨日は、

樺v知出版社の『徳望塾』に参加。


今回の講師は、

千利休をご先祖とし、

約500年に渡り連綿と続く茶道・裏千家の15代、

千玄室(せんげんしつ)先生でした。



背筋がピンと伸びて

かくしゃくとした立ち居振る舞いは、

とても92歳には見えません。


きっと

常日頃からの鍛錬の成果が、

そのお姿に現われているのだと感じました。



以下、特に

心に残った言葉を書き記します。



▼ 自分の足元を見つめることが大事。しっかり地についているかどうか。

▼ 知識と知恵を生かすためには「行動」が必要である。

▼ 口でいくら良いことを言っても、自分の心が汚れていたら意味が無い。

▼ 特攻隊の若者は、母親や家族のことを想いながら飛び立った。

▼ 古いことを学び、そこから創造性を働かせる。

▼ 親からもらった「心の畑」を耕し続けるのが人生。

  風雪や水害の被害にあったとしても、諦めずに畑を整備し、将来のための種を蒔くこと。

▼ いま自分の目の前にある仕事は、天運により天から授かった仕事である。

▼ 困った時ほど、ゆとりを持つ。

▼ 毎朝、10分間の坐禅で発想が生まれる。

▼ 「拭き掃除」で心の垢を拭い、「掃き掃除」で心の塵を払う。

 心に垢や塵が溜まっている人が多い。

▼ 上に立つ者は、苦労した頃を思い出し、もう1回社員になる。

▼ 「おはよう」「ご苦労さん」を誰にでも言えることが、素直さである。

▼ おもてなしは、心からさりげなくするもの。




本日は、備忘録ということで・・。



posted by 安野 広明 at 21:39| 島根 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

Vol.1164「“メイクアップ講習”のご案内」


昨年8月に開催させていただいた

『メイクアップセミナー』ですが、

ご好評につき、

来月、再度開催することが決定しました!



前回の様子は、こちらから → http://annokaikei.com/meikuappusemina-.html



前回同様、講師には、

トータルビューティーアドバイザーの内田笑子先生

をお招きします。



内田先生は、

国際色豊かな都市・東京六本木にある、

日本で最初に開かれたサロン

「Hollywood Beauty Salon」で、

世界50か国以上のお客様に

美と健康をテーマに真心と技術を提供

された経験をお持ちです。


また

「地域素材と食」に関心を持たれ、

エナビューティの知識やアロマテラピー1級も

取得していらっしゃいます。



メイク指導の関係上、

先着10名様となっておりますので、

ご興味のある方は

お早めにお申し込み下さいませ!



詳細は、こちらをどうぞ → http://annokaikei.com/meikuappu28.2.pdf




posted by 安野 広明 at 23:58| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

Vol.1163「お付き合いの環境が、自己成長に影響をもたらす」


昨日の朝方、始業前に、

気合を入れて会社の駐車場を雪かきしていたら、

人生初のぎっくり腰になってしまいました。


いや〜、腰が自由に動かせないというのは、

なかなか辛いものですね。



とりあえず

子供の頃からお世話になっている医院の先生に

鎮痛ブロック注射を腰に打っていただいたのですが、

これがまた痛いのなんの(汗)。


腰の左側に数ヶ所打った後、

「じゃあ、痛みが酷そうだから、右側にも打っておこうか」

とおっしゃったので、

「いえ、先生、もう大丈夫です!治りそうな気がします!」

と懇願しましたが、

「いや、大丈夫じゃない!(笑)」

と一蹴され、

右側にも注射針をグサッと・・


まな板の鯉とはこのことです(笑)。



お陰でだいぶ痛みは引きましたが、

ぎっくり腰は、もう懲り懲りでございます・・。


******************************************


「常日頃から誰と付き合うか?」

が人生の質を決める

と言われます。


望むべくは、

尊敬する人や目標となる人、

自分よりも半歩先を行く人と

時間を共有させていただきたいものです。



とりわけ

自己成長という観点からすると、

そういう方々とお付き合いすることによって、

自分の目線や意識が引き上げられ、

良い影響がもたらされるはずです。


私(安野)自身、

数多くの良縁の中で、

少しずつではありますが、

意識レベルを引き上げてこれた

という確信がございます。



そして、それと同時に、

自分より先を行く人たちと


一緒にいられる自分でなければいけない


という、

いい意味でのプレッシャーを

強く感じているのも事実です。



当然ながら、皆さん

ご多忙な方ばかりですので、

決して時間を無駄にする訳にはいきません。


ただの「くれくれ人間」(*)になるのではなく、

自分が相手のお役に立てないか?

ということを

常に考える必要があると思います。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.647「“くれくれ人間”にはご注意を」
http://bplan.seesaa.net/archives/20140828-1.html



また、そのような意識を持つことによって、

自己成長に磨きがかかるのではないでしょうか。



そんなことを考えました。


*****************************************


【本日のまとめ】

■ 「常日頃から誰と付き合うか?」が人生の質を決める

  というのは、間違いのない事実である。

■ また、自分より先を行く人たちと

  一緒にいられる自分でなければいけないという

  いい意味でのプレッシャーによって、
  
  自己成長に磨きがかかるのではないだろうか。



posted by 安野 広明 at 09:52| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする