2015年12月25日

Vol.1131「変わり続ける人は、動き続ける人」


変わり続けている人

というのは、

「変わりたい・・」ではなく

「変わる!」という明確な意思を持ち、

動き続けている人

だと思います。



今いる場所が居心地良くなり、

会社や上司に依存してもたれかかる人は、

残念ながら

変われないどころか足腰が弱り、やがて

自力では歩けなくなってしまうでしょう。



自分の頭で考え、自分の足で動き続ける人


だけが、

変化できるのです。



もちろん、中には

変化を望まない人もいるかもしれません。


しかし、

経営者やリーダーが

十年一日の如き変化のない人生を望むようでは、

その会社の将来は危ぶまれます・・。




「変わり続ける」

というのは、言い換えれば、

「自分の可能性を少しずつ広げていく」

ということです。


誰しも、1度や2度は

「いままでできなかったことが、できるようになった時の達成感」

を味わったことはあるはず。


あの達成感を

日々感じることができれば、

きっと楽しいですよね?(笑)



そのためには

ルーティンに身を委ねて思考停止するのではなく、

とにかく自分で考え、行動を起こし、

新たな挑戦を続けるしかありません。



それはあたかも

過去のエントリ(*)にも書かせていただいた、

独楽(こま)がグルグルと回り続けるようなイメージ

です。


*ご参照下さい。
    ↓
Vol.463「自分という独楽(こま)を回し続ける」
http://bplan.seesaa.net/archives/20140225-1.html




ということで、

これからも行動量を増やし、

変化を楽しんで参りましょう!


*******************************************


【本日のまとめ】

■ 自分の頭で考え、自分の足で動き続ける人だけが、変化できる。

■ 「変わり続ける」というのは、言い換えれば、

  「自分の可能性を少しずつ広げていく」ということ。

■ これからも行動量を増やし、変化を楽しんで参りましょう!



posted by 安野 広明 at 15:03| 島根 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする