2015年12月19日

Vol.1125「“だったらこうしてみたら?”で可能性が広がる」


何かに挑戦した結果としての失敗やミス

を目の当たりにした時、


「詰めが甘いね〜」

「やっぱりね・・」

「なんでこんなこともできないの?」

「それじゃあダメでしょ」


などと言って、

その人を突き放したり自信を奪う

のではなく、


「だったらこうしてみたら?」


とアドバイスできる人間になりたい

と思っています。



言葉で相手の自信や可能性を奪う

のは簡単です。


そして、多くの人は、

そのような負の言葉を

無意識に使っていたりします。


本人も気が付かないうちに

言葉で相手を傷つけ、自信や可能性を奪っている

のです。



自信を失った人は、

挑戦する勇気までも失い、

行動しなくなります。


新たな行動を起こさない限り

失敗することはなく、これ以上

自信を奪われなくて済むからです。



閉鎖的な田舎ほど、

そんな空気が漂っているのではないでしょうか?


私(安野)自身、

情報発信や行動を起こす中で

たまに凹むことを言われることがありますので(汗)、

よく分かります。


その人に悪意はないのでしょうけど・・



まあ、この辺は、

(本人としては)無意識にやっていることでもあり、

非常に根深い問題だな〜と感じます。


ですので

このことに気付いた人だけでも、


「だったらこうしてみたら?」



を意識して、

自信や可能性が奪われる人を減らしていく

しかないのかもしれませんね。




そんなことを考えました。


*****************************************


【本日のまとめ】

■ 言葉で相手の自信や可能性を奪うのは簡単。

  そして多くの人は、無意識のうちに負の言葉を発している。

■ このことに気付いた人だけでも、

  「だったらこうしてみたら?」を意識することによって

  自信や可能性が奪われる人を減らし、むしろ、

  相手の可能性を広げられるようになりたいもの。



posted by 安野 広明 at 13:20| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする