2015年12月28日

Vol.1134「“下積み時代”をどう過ごすか?」


「花の咲かない寒い日は、下へ下へと根を伸ばせ」


出典は忘れましたが、

私(安野)の好きな言葉です。


思うような成果の出ない時期こそ

しっかりと根を養い、


広く深く張り巡らせることが何よりも大切


という意味です。




一定の成果を出す過程において、誰にでも

「下積み時代」はあります。


下積み経験の無い人や会社が

一時的に脚光を浴びても、

基礎体力が無ければ長続きしません。


考えてみれば当然ですが、

最近は、忍耐力や精神力といった言葉を嫌い、

楽をして成果を得ようとする、もしくは、

実力が伴っていないのに

見せかけばかり過剰に取り繕う人

が増えているように感じます。



まあ、まだまだ下積み経験中

の私が言うのも何ですが(汗)、

何事も、成果が出ない「下積み時代」こそ、

根を腐らすことなく

良習慣を身に付けたり、ご縁を育んだりと、

「良樹細根」のスタンスで

少しでも広く深く根を張り巡らせようと努力をすれば、

3年後、5年後、10年後の成果は全く違ってくる

のではないでしょうか。



とりわけ

年末年始のような長期休暇中こそ、

その人がどのような過ごし方をしているか

は、とても大事だったりします。



「人は楽をしたい生き物」

ではありますが、どんな時でも

「まだまだ下積み経験中だ!」

という謙虚な気持ちで学び続ける人だけが、

成果を出せるものと信じております。




本日は、自戒を込めて・・。


*******************************************


【本日のまとめ】

■ 思うような成果の出ない「下積み時代」こそ、しっかりと根を養い、

  広く深く張り巡らせることが何よりも大切である。

■ どんな時でも「まだまだ下積み経験中だ!」

  という謙虚な気持ちで学び続ける人だけが、

  成果を出せるのではないだろうか。



posted by 安野 広明 at 10:57| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

Vol.1133「今年も一年間、お世話になりました!」


昨日は、

弊社(=(株)ビジネスプラン)の仕事納めでした。



この一年間を振り返ると、

語り尽くせないほど様々な出来事がございましたが、

お客様をはじめ、

数多くの皆様とのご縁に支えていただいたな〜

とつくづく感じます。


本当にありがたいことです!



そして、個人的には、

かけがえのない11名の社員さんと

無事に仕事を終えられたことが、

何より嬉しく思います。



弊社のような零細企業で、なおかつ、

人がサービスを提供する業態の場合、

社員から離れたところに「(株)ビジネスプラン」という法人が存在する

と考えるのではなく、

社員1人1人が「(株)ビジネスプラン」そのもの

と捉えた方が、

実態に即しています。


そういう意味では、

「社員の成長は、会社の成長に直結する」

と言えましょう。



ということで

来年は、私(安野)を含め、

社員1人1人が専門性・人間性を磨いて成長することで

会社として更なる成長を遂げ、

弊社の経営ビジョンである

「たくさんの“ありがとう”を集め、日本の中小企業を元気にする!」

に少しでも近づけるよう

努力してまいる所存ですので、

今後とも(株)ビジネスプランを

どうぞよろしくお願いいたします!



一年間の感謝を込めて!!


posted by 安野 広明 at 17:03| 島根 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月26日

Vol.1132「人も会社も、はじめの印象が大切です」


「第一印象が大切です」

とは、

社会人1年生になれば誰でも教わることですが、

これは会社も同じで、

「はじめに抱いた印象は、後々まで影響する」

そうです。


例えば

電話対応、受付対応、社内の雰囲気など

について、

はじめによいイメージを持った人は

サービスそのものにも納得し、逆に、

はじめに悪いイメージを持った人は

サービスそのものに不満を持つ傾向にある

のです。



自分自身が一顧客として

飲食店や病院を訪れる際の心理状況

を思い起こすと、

あながち間違っていないな〜と感じます。



そういう意味では、

モノやサービスを提供する以前に、いかに


(潜在的顧客に)よいイメージをもっていただけるよう努めるか


というのは、

経営をしていく上でとても重要な視点

ではないでしょうか。


弊社が属する会計業界のように、

サービスが成熟している業界においては、

基本的なサービスそのもの

では差別化が難しくなっている訳なので、

なおさらです。 



だからこそ、弊社では、

接客レベルを高めたり、

5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)に努めたり、

人間力を高めるための社員研修を行ったり、

地域貢献活動を続けることに、

これからも力を入れていくつもり。



もちろん

形だけや見せかけではダメですし、

社内に浸透させ、一定レベルに達するまでには

時間がかかるとは思いますが、とりわけ

モノやサービスが成熟している業界

においては、

上記のような視点も必要なのではないか

と思った次第。


******************************************


【本日のまとめ】

■ はじめに抱いた印象は、後々まで影響するもの。

■ (潜在的顧客に)よいイメージをもっていただけるよう努めることは、

  経営をしていく上でとても重要な視点ではないだろうか。



posted by 安野 広明 at 14:28| 島根 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする