2015年11月26日

Vol.1102「どのようにして心に火を点けるか?」


昨日は

午後から東京へ移動。


個別コンサルティングを受けた後、

監査法人時代からお世話になっている会計士の先輩と情報交換。


お二人とも既に独立されており、

事務所経営に対するお考えや苦労話しなど、

とても参考になりました!



私(安野)が監査法人を辞めたのは8年以上前

ですが、

未だにこうしてお付き合いいただけるというのは

本当にありがたいことです。


*******************************************


先日のご講演(*)の中で

喜多川泰先生もおっしゃっていましたが、

自分の心に火を点けようと思ったら、

自ら火を起こそうと努力するよりも、


すでに火の点いた人から火をもらった方が早い


と考えています。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1096「昨日の講演会、無事に終了しました!」
http://bplan.seesaa.net/archives/20151120-1.html



そして、そのためには、

そういう人(=火の点いた人)を見つけ、

接触を試みる必要があります。


具体的には、

リアルに会ってお話させていただくのが理想的

ですが、それ以外にも、

講演会やセミナーに参加する、

CDやDVDを聴く・視る、書籍を通して接する

などなど、

直接的・間接的の差はあれど、

火の点いた人に接触するための選択肢は

意外とたくさんあるものです。



あとは、

本人が行動するかどうかの問題。



ただし、

「心に火を点けたい!」とか

「もっと成長したい!」という想いを

内に秘めてはいるけれども、

「(自分1人では)一体、何から手をつければよいのか分からない・・」

という方も

中にはいらっしゃるかもしれません。



そんな方におすすめしているのが、

とりあえず

身近にいる意識の高い方々と

(ゆる〜くでもいいので)つながっておくこと。


いきなり「講師先生」と呼ばれるような人に会う

のはハードルが高いですが、

地元で、なおかつ、似たような境遇の方であれば、

接しやすいはずです。



そして

そのような場としてご用意させていただいているのが、

「次世代リーダーの会」(*)

だったりします(笑)。


*ご参照下さい。
   ↓
http://annokaikei.com/koukeisyanokai.html



主催している私ですら

こんなにざっくばらんでいいのだろうか?

と思ってしまうほど

ざっくばらんな会ですので(汗)、

よろしければ一度見学にお越し下さい。



きっと

心に火を点けてくれる出会いが待っている

と思います。


******************************************


【本日のまとめ】

■ 自分の心に火を点けようと思ったら、自ら火を起こそうと努力するよりも、

  すでに火の点いた人から火をもらった方が早い。

■ 身近にいる意識の高い方々と(ゆる〜くでも)つながっておくことが、

  心に火が点くきっかけになるかもしれない。





posted by 安野 広明 at 17:06| 島根 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする