2015年11月10日

Vol.1086「思考の“潜水訓練”を欠かさない」


「思考を深める」ためには、

常日頃からの訓練が必要不可欠

だと考えています。



過去のブログ(*)でも書きましたが、

それはあたかも

「素潜り」のようなもの。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.191「思考の深海に潜る」
http://bplan.seesaa.net/archives/20130529-1.html



ある日突然

水深5メートルまで潜ろうとしても、

そもそも潜り方が分からない

のと同じように、

いきなり「思考を深める」ことは

できないと思うのです。



やはり

泳力や心肺機能を鍛えるための

「潜水訓練」を行うかのごとく、

思考の海を深く潜る訓練を

日常的に積み重ねる必要があります。



具体的には、

些細な出来事であったとしても、

多忙を理由に放ったらかすのではなく、

いったん立ち止まり、


「これは(自分にとって)どういう意味があるのだろう?」


「もっと違う解釈はできないだろうか?」


「なぜあの人はあんな態度を取ったのだろう?」


などと質問を投げかけ、


試行錯誤することが効果的


だと考えています。



その都度、明確な答えが出る

とは限りませんが、

仮置きでも良いので、

自分なりの結論を出し切るようにした方が

望ましいでしょう。



おそらく

思考力がある(=思考が深い)人というのは、

1日に何十回、何百回と高速回転で

この訓練を繰り返していらっしゃるはず。



そのような日々の努力を惜しまず、

1p、2pと深く潜れるように訓練を積み重ねた人

だけが、いずれ

思考の海を気ままに潜ったり顔を出したり

という自由を手に入れることができる

のだと思います。



とりあえず私(安野)の場合、

少し潜っただけでアップアップとすぐに顔を出してしまう

のが現状ですので(汗)、

当ブログや日記を用いながら、

思考を深める訓練を継続して参ります。


******************************************


【本日のまとめ】

■ 思考を深めるためには、「潜水訓練」を行うかのごとく、

  思考の海を深く潜る訓練を日常的に積み重ねる必要がある。

■ 日々の努力を惜しまず、1p、2pと深く潜れるように訓練を積み重ねた人だけが、

  思考の海を気ままに潜ったり顔を出したり

  という自由を手に入れることができる。





posted by 安野 広明 at 13:45| 島根 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする