2018年09月23日

Vol.2134「期限を守る=周囲への思いやり」


10月1日の弊社経営計画発表会(*)

で基調講演をおつとめいただく

渡辺雅文先生のご著書『根っこづくりの経営』

の中に、

良い社風と悪い社風の特徴が

書いてありました。


http://annokaikei.com/wp-content/uploads/keieihappyou_20181001.pdf


<おすすめ本>

『根っこづくりの経営』(渡辺雅文 著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4861137748/



改めて読み直し、

なるほどな〜と感じたので、

書き記します。



いくつか項目が列挙されているのですが、

中でも目に留まったのは、

「期限」について。



良い社風の会社は、


「社内における報告書や書類の提出期限は常に厳守されている」


のに対し、

悪い社風の会社は、


「社内の約束や書類などの提出期限が守られない」


のだそうです。



ちょっとドキッとしました(汗)。




なぜ、期限が社風に影響を与えるのか?



著書にはそこまで書かれていませんでしたが、

個人的には、以下のように解釈しています。



期限とは、単なる社内的な取り決め

ではなく、

期限を守ることは、

周囲への思いやりである

・・と。




当たり前ですが、

仕事は1人で完結するものではありません。



自分以外の周りのメンバーによる

様々な協力を得て成り立っています。



したがって、社内には、

資料作りやお客様対応やアフターフォローなど、

自分の後工程を担当する人

がいるはずです。



あと、もちろん、

「いつまでに・・」という

お客様のご事情もあります。



そういった要素を総合的に勘案して

定めるのが「期限」

なのです。



そのように考えると、

期限を守らないということは、

自分以外の周りのメンバーやお客様の気持ちを配慮しない、

思いやりのない行動

といえるのではないでしょうか。



もしもそれが常態化している

とすれば、

かなり自己中心的な人だと思います。



そして

期限を守らないという行動は、

他のメンバーへのしわ寄せや業務の滞りや、

お客様からのクレームにつながる

と同時に、

周りのイライラの感情までも生み出します。



それが社内の調和を乱し、

社風を悪くする要因となる

のです。




・・社風改善と期限の厳守は、

切っても切れない関係にある。



そんなことを思いました。


***********************************


【本日のまとめ】

■ 期限とは、単なる社内的な取り決めではなく、

  期限を守ることは、周囲への思いやりと言える。

■ 社風改善と期限の厳守は、

  切っても切れない関係にある。






posted by 安野 広明 at 19:22| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

Vol.2133「益田木鶏クラブ5周年記念講演会のご案内(再)」


弊社が事務局をつとめる

益田木鶏クラブ(=『月刊致知』を用いた地域の勉強会)主催で、

11月16日(金)18:30〜に講演会を開催します。



益田木鶏クラブ発足から丸5年が経ち、

5周年記念として企画いたしました。



講師には、「博多の歴女」こと、

白駒妃登美(しらこまひとみ)先生をお招きし、


「歴史が教えてくれる日本人の生き方」


というテーマでご講演いただきます。


<おすすめ本>

『幸せの神様に愛される生き方』(白駒妃登美 著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4594078265/


『なでしこ歴史物語』(白駒妃登美 著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4896392639/


『勇気をくれる日本史 誰も知らない偉人伝』(白駒妃登美 著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4041066689/



白駒先生には、以前、

「次世代リーダーの会」が主催する

「Next MASUDA ともしびプロジェクト」

で講師をおつとめいただいたことがあります。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1300「昨日の講演会、無事に終了しました!」
http://bplan.seesaa.net/article/438879068.html



また、先日の、

境野勝悟先生の特別講演会(*)にも、

受講のためにお越し下さいました。

(境野先生は白駒先生のお師匠さんだそうです)


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.2126「昨日の講演会、無事に終了しました!」
http://bplan.seesaa.net/archives/20180915-1.html



久しぶりにお話しましたが、

白駒先生、

ますますパワーアップされています(笑)。



これは11月のご講演が楽しみです!




どなたでもご参加いただけますので、

ぜひ、お誘い合わせの上、

ご参加下さいませ!



よろしくお願いします!!




*詳細は、以下の通り。


http://annokaikei.com/wp-content/uploads/mokkei_kouen.pdf




posted by 安野 広明 at 22:27| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

Vol.2132「リピーター創出専門コンサルタント、一圓克彦氏からの学び」


昨日は、益田商工会議所にて、

リピーター創出専門コンサルタントである

一圓(いちえん)克彦さんのセミナーに参加。



テーマは


「“脱!価格競争”実現のための“新規開拓”ノウハウ」

〜消費者心理を徹底解剖し、お客様の「買う」を科学する〜


です。


<おすすめ本>

『0円で8割をリピーターにする集客術』(一圓克彦 著)
https://www.amazon.co.jp//dp/4860633962/



一圓さんのお話は、

ご著書を読んだり、セミナー音声を聴いたりで、

まったく知らなかった訳ではありませんが、

ライブで拝聴したのは今回が初めて。



超ご多忙な人なのに、

地元で聴けるとはラッキーです(笑)。



やはり、ライブだと、

表情や身振り手振りに加え、

その人の持つ空気感が伝わって、

いいですね。



お話に引き込まれ、

あっという間の2時間。



すぐに取組めること、時間をかけて取組むこと

を含め、

ネタをたくさん仕入れることができました。



自社の経営に生かすと共に、

お客様へのアドバイスにも活用したい

と思います!



以下、内容のほんの一部です。


▼ 流行ったものは絶対に廃れる(フェイスブック、インスタ等)

▼ ざるで水をすくうような集客ではダメ

▼ 値下げキャンペーンをして儲かる会社は無い

▼ 最初から長い付き合いをする人(=リピーターになってくれる人)をターゲットにする

▼ 売上は、客数×客単価×リピート数 → 客数には限界がある

▼ マーケティングの勉強はするな 

▼ 学問の正解とビジネスの正解は違う

▼ 感情のフィルタを通る(好きか嫌いか、面倒くさいかどうか等)

▼ 人間の最終決定は、感情で行う

▼ 人間の世界は心理学ですべて説明できる

▼ 安売りは商売ではない → 小学生でもできること

▼ 経済合理性を追求している人が多過ぎる

▼ 定価でも「あなたから買いたい」と思ってもらう

▼ 視覚、触覚がポイント

▼ 色の組み合わせは、消費者心理に影響を与える

▼ 商品を陳列するなら、通路の左右どちらがよいか

▼ 「想起」「比較」「自己投影」を、予め仕掛ける

▼ 正しい口コミのつくり方

▼ 自社の世界観に共感してもらえるか?

▼ ストーリーテリング(物語を語る)の手法

▼ ストーリーを1人歩きさせるために


などなど・・



一圓さん、主催者の皆様、

ありがとうございました!




本日は、備忘録ということで。




posted by 安野 広明 at 21:56| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする